ED治療にかかる費用

EDの治療には様々な方法があります。ここでは、それぞれにかかる費用について、詳しく紹介します。

ED治療の費用相場

基本的にEDの治療には保険が適用されませんので、自由治療扱いとなります。そのため、全額自己負担になるうえ、病院によって費用が異なってきますので注意が必要です。以下に、一般的な治療費の相場を掲載します。

治療法 治療費
ED治療薬 バイアグラ(1錠) 1,300~2,000円
レビトラ(1錠) 1,500~2,000円
シアリス(1錠) 1,700~2,500円
勃起補助器具 エレクションサポートリング 3~8万円
海綿体注射 自己注射(一回) 6,000円~1万円
病院注射(複数回投与) 5~10万円
外科手術 静脈結紮手術 20万円~
陰茎プロステーシス移植手術 60~70万円
男性ホルモン投与 3万5,000~5万円
ED1000 35~45万円

手術など大掛かりなものは、値段もかなり高額になってくるようです。ED治療の手始めとしては、まずは最も安価な治療薬がおすすめです。

しかし、ネットに出回っている格安なバイアグラやシアリスなどには注意が必要です。なんとその8割が偽造品であるというデータもあるほど、信頼性に欠ける商品が多く出回っているのが現状のようです。

その中には姿かたちが同じでも全く効果がないものや、身体に悪影響を及ぼす物質を含むものまであります。やはり、しっかり病院で処方してもらった治療薬を使うのが最も確実といえるでしょう。

知っておきたい様々なED治療法

●ED治療薬
治療薬を摂取して、一時的に勃起を促進する方法です。EDの治療方法としてはもっとも手軽にできる治療といえます。対処療法ですが、心因性の勃起障害などは治療薬で治ってしまうことも多いです。薬の種類としては、最もメジャーなバイアグラから、レビトラ、シアリスなどがあります。

●勃起補助器具
器具を使って、勃起のサポートをする方法です。陰圧式勃起補助器具や、エレクションサポートリングと呼ばれる器具などが使われます。器具を装着しなければならないため、使用感が欠点になります。

●海綿体注射
陰茎に直接注射を打つことで、強制的に勃起させる方法。治療薬などとは違い、性的刺激に関係なく強制的に勃起が促されるのが特徴です。

●男性ホルモン投与
男性更年期障害(LOH)によって引き起こされるEDの治療に使われます。精子を作り出す機能の低下を招く可能性もあるので、LOHでない方へは使用されません。

●外科手術
陰茎から静脈を通して流れていく血液をせき止める静脈結紮手術や、シリコン製の支柱を埋め込んで勃起状態を再現する陰茎プロステーシス移植手術などがあります。

●ED1000
最新の治療法として話題のED治療法です。ED1000というマシンを使い、陰茎に直接低出力の衝撃波をあて、新しい血管の生成をうながします。EDの原因を絶つ根本的な治療が可能なので、器質性EDの方には有効です。しかしながら費用もかなりかかってしまうのが現状です。

原因から治療法まで 正しいED克服サイト