ストレスをため込まないで

「もしかして...?」を放っておかない勃起不全ガイド

仕事のストレスが夜の生活にまで影響

前述した緊張もストレスの一種ではありますが、このページでは日常生活で受けるストレスとEDの関係について説明します。結婚生活が上手くいかない、仕事や対人関係、経済的側面でストレスを抱えている、毎日疲れているなど、自分自身でストレスの原因を理解することができるこれらを現実心因と呼びます。具体例を挙げるとするならば、例えば、上司から「オマエは仕事が遅い」、「役に立たない」などと罵られ、この衝撃や暴力性を逐一敏感受け取ってしまうことでストレスを積み重ね、結果EDを発症してしまう訳です。

原因を解消するだけで簡単に改善することも

しかしながら、原因が分かっているだけに治療が簡単であることが多いのも特徴のひとつです。信頼できるクリニックを探し、そこでのカウンセリングや治療、薬の服用だけで容易に治す事ができます。

緊張やストレスから発症するEDは「心因性(機能性)ED」と総称されています。実は、これらを原因とするED患者が一番多いのです。立派に朝勃ちはするし、自慰の場合も問題無く勃起する。でも、いざ相手を前にすると駄目になるのが典型的な特徴。初めは勃っていても、性交中に中折れしてしまったり、コンドーム装着と同時に萎えてしまったりすることも、多くは心因性のEDによるもの。

あれこれ悩んだところで解決・解消するわけではありません。適切な治療を受けさえすれば問題は解消するので希望を持ってください。一歩踏み出したことで得られるものを天秤に掛ければ、答えは簡単に導き出せますよね。

気軽にED治療薬を処方してもらえる医療機関のリスト>>

原因から治療法まで 正しいED克服サイト