緊張による勃起不全

「もしかして...?」を放っておかない勃起不全ガイド

本番になるとできなくなる緊張型ED

自慰のときは大丈夫なのに、いざセックスする際に勃たなくなるという相談が、20代の若者から寄せられることが多いと、管理人が通うED治療クリニックの先生が言っていました。この原因とされるのが『緊張』です。

「緊張型ED」や「ヤングED」と呼ばれるこれらのEDの多くは心因性のものですが、例えば初体験がうまくいかなかったり、経験数が少なかったりする場合の「失敗したくない」という感情が原因に挙げられます。
とはいえ、ほとんどの人は、ED治療薬を服用するなどして成功のきっかけさえ掴む事が出来れば、すぐに立ち直れるそうですから、深刻にならなくても大丈夫だそうですよ。

管理人自身も、何度かセックスができないことが続き、もしかしたらEDなのではと感じて焦った過去があります。そのため、思い切ってED治療の専門医にかかり、治療薬を飲むようになってから1年くらいたちます。

医者に悩みを相談し処方された薬を飲んだだけで、また以前と変わりなくセックスができるようになり、精神的にもかなり楽になりました。

ED経験者としては、悩み過ぎてどんどん症状が深刻化するよりは、成功のきっかけのためにED治療薬を使うことをおすすめしますよ。

管理人が実際にED治療薬を処方してもらっていて
安心してオススメできる医療機関の公式サイトはこちら>>

緊張型EDの克服法

緊張型EDの例を具体的に挙げると

  • 初めてセックスした時に挿入がうまく行かず終わってしまい、
    その時のトラウマでその後も勃たない
      
  • 童貞なので初めての時に失敗するのではないかと不安が先行し、
    良い雰囲気になっても勃たない
      
  • 女性を前にすると快感よりも緊張が上回ってリラックスすることができず、
    結果勃たない
      
  • 経験人数が少ないため、相手の女性にどう思われるかが心配で、勃たない

などなど、こうした"緊張型ED"で悩んでいる男性は大変多いようです。

とくに近年は、異性との交際経験がない未婚男性が、20代・30代とも3割以上いるというアンケート結果も出ていますので、女性と接することやセックスに対して苦手意識のある男性も増えてきているのかもしれません。

緊張から来るセックスへの苦手意識を改善するために、大変心強いサポートをしてくれるのが、『ED治療薬』です。
ED治療薬には、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」という3種類の薬があり、どれも厚生労働省の厳正な審査の上で使用が認可されている、世界的に有名な医薬品です。
勃起不全に効果があり、性的な刺激を受けたときに正常な勃起を促してくれる、優秀で安全な医薬品です。

「今回もまた失敗しないだろうか?」「前の男よりもふにゃふにゃだと笑われないだろうか?」などなど、セックス前に不安に思ってしまうことも、ED治療薬を飲んでおけば心強いですし、勃起後に中折れしてしまう心配などもありません。

そうしてED治療薬の力を借りて、何度か成功体験を積むことでも、自然と緊張型EDは解消されていきます。
セックスに対して不安感がある、勃起力に自信がない、女性に対して苦手意識がある、という方は、こうしたED治療薬に頼ってみるのも、ひとつの改善策ですよ。

しかし、ED治療薬を使用する場合は、必ず病院やクリニックなどの医療機関へ行き、医師から正規品を処方してもらうようにしましょう。というのも、現在インターネットではED治療薬の個人輸入業者が横行していますが、これらの6割が偽造品を販売している悪徳業者であることが、大手医薬品メーカーの調査の結果、判明しています。

インターネットを利用して手に入れたED治療薬を服用して重大な健康被害を受け、病院に運ばれた男性も実在しますし、海外では死亡事故までも頻発しています。

ED治療薬は、医師の処方箋が必要な「医薬品」ですので、安易にインターネットを利用したり、他人から譲られたものを服用したりしないようにしてください。

気軽にED治療薬を処方してもらえる医療機関のリスト>>

原因から治療法まで 正しいED克服サイト