ファイザー製薬「バイアグラ」

「もしかして...?」を放っておかない勃起不全ガイド

バイアグラの特徴

ED治療薬の中で最も名実ともに有名なのが「バイアグラ」。

この薬は、米国ファイザー社が開発し、1998年(日本は1999年)に販売が開始されました。ちなみにこのバイアグラ。飲むとたちまち勃起すると巷では思われています。しかし、実際の効能は直接勃起させるのではなく、勃起を阻害する体内酵素の働きを弱め、勃起を促進させるという部分ということをご存じでしたか?

ともかく、従来からあったED治療法(ホルモン等の注射やプロステーシスの注入等)と比較して、性交1時間前に1錠飲むだけで男性機能の強化に繋がるバイアグラは、その手軽感もあってなのかたちまち評判となり、今もその認知度は落ちる事がありません。

男性が自信を取り戻せるため、数回飲んだだけであとはバイアグラなしでも性交できるようになるなどの声も多く、依存を心配する必要もないと言われています。

副作用と禁忌事項

公表されている臨床試験データは以下の通りです。

  • 頭痛:臨床試験の結果、被験者の16%に頭痛
  • 顔面のほてり:被験者の10%に顔面のほてり
  • 泌尿器神経炎:被験者の3%に泌尿器神経炎
  • 幻覚・光に対する過敏症:被験者の11%が幻覚・光に対する過敏症を訴えました
  • 下痢:被験者の3%に下痢
  • めまい:被験者の2%がめまいを訴えました

このような症状がおこっても数時間でおさまる場合深刻にならなくても良いと言われています。

ただし禁忌事項もあります。当てはまる人は、バイアグラの服用は控えたほうが良いでしょう。

  • バイアグラの成分に対して、過敏症の既往があるひと
  • 硝酸剤あるいは一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、賞賛イソソルビド等)を服用中の人
  • 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者
  • 重度の肝障害のある人
  • 低血圧の人(血圧<90/50mmHg)又は治療による管理がなされていない高血圧(安静時収縮期血圧>170mmHg又は安静時拡張期血圧>100mmHg)
  • 脳梗塞・脳出血や心筋拘束の既往歴が最近6ヵ月以内にある人
  • 網膜色素変性症患者

気軽にED治療薬を処方してもらえる医療機関のリスト>>

原因から治療法まで 正しいED克服サイト