バイエル薬品「レビトラ」

「もしかして...?」を放っておかない勃起不全ガイド

レビトラの特徴

バイアグラから遅れること5年、2004年に国内2番目のED治療薬として販売されたのがレビトラです。

バイアグラと同様に、勃起を抑える方向に働く酵素の動きを抑制することで勃起反応を長引かせてくれます。ちなみに、バイアグラと比較すると、効能が現れるまでの時間が短い、勃起時間が長い、勃起の硬度が高まるという効果が認められているためか、固定ファンが付いているのもレビトラの面白い特徴です。

レビトラは、服用25分後~最大5時間までの効果の持続が確認されています。簡単に言えばバイアグラよりも強い薬剤と言えるでしょう。そのため、バイアグラで効果が現れなかったED患者から愛用されることも多いようです。

副作用と禁忌事項

副作用として知られていることは、レビトラの効果があらわれている間、ほとんどの方に「顔のほてり」と「目の充血」が見受けられる点。しかしこの症状は、効果の消滅と同時に消えるとされているので、基本的には心配する必要はありません。

しかし、バイアグラと比較すると禁忌事項が多いことが特徴に挙げられます。

  • 硝酸剤 (飲み薬・舌下錠・貼り薬・吸入薬・注射・塗り薬・スプレー)を使用中の方
  • レビトラ錠を服用して、過敏症(アレルギー)を起こした経験のある方
  • 心血管系障害などにより、医師から性行為が危険と診断された方
  • 先天的に不整脈(QT延長症候群)の方や、抗不整脈薬を使用中の方
  • 最近半年以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞を起こした方
  • 重い肝障害の方
  • 血液透析が必要な腎障害の方
  • 低血圧(最大血圧が90mmHg以下)の方
  • 高血圧(最大血圧が170mmHg以上または最小血圧が100mmHg以上)の方
  • 不安定狭心症の方
  • 抗ウイルス薬(HIV治療薬)、内服の抗真菌薬(水虫などのカビによる感染症の治療薬)を使用中の方
  • 網膜色素変性症(進行性夜盲症)の方
  • 女性

気軽にED治療薬を処方してもらえる医療機関のリスト>>

原因から治療法まで 正しいED克服サイト