喫煙は百害あって一利なし

「もしかして...?」を放っておかない勃起不全ガイド

タバコを吸ったら勃たなくなる?!

タバコに含まれるニコチンに血管を収縮させる作用があることは、周知の事実。しかし、これが勃起不全の原因になることをご存知でしょうか。

陰茎は複雑な血管網で作られています。勃起のメカニズムは、この陰茎海綿体を貫いている動脈に流入する血液が満たされているか否かです。つまり、喫煙してニコチンを体内に取り込むことで、血管が萎み、その結果勃起も不完全になってしまうという訳です。

ED患者の8割が喫煙者…あなたはまだ吸いますか?

実は、EDの人の約80%は喫煙者というデータがあります。上記のメカニズムを理解すれば当たり前ですよね。しかも、血管拡張作用のあるED治療薬の効果も、タバコを吸うことで血管収縮萎してしまうので、ほとんど意味がなくなってしまいます。

飲酒同様、タバコがなかなか止められないというのも分かりますが、ED治療に向き合う事を考えると止めたほうが懸命です。

また、喫煙には血管の収縮以外にも心拍数の増加や血圧の上昇、心筋収縮率の増加などの循環器機能に関連する作用や発がん率向上などの悪影響が叫ばれています。要するに、EDだけでなく様々な病気を引き起こす原因なのです。

路上喫煙が禁止になったり、神奈川県のように店舗内の禁煙が条例化されたり、喫煙者にとって肩身の狭い世の中になってきました。
嗜好品である以上、吸う・吸わないは個人の自由ですが、もし勃起しにくいと感じていたり、EDと診断された場合はタバコを止めましょう。これだけでセックスライフが楽しくなるのであれば、簡単だと思いませんか?

気軽にED治療薬を処方してもらえる医療機関のリスト>>

原因から治療法まで 正しいED克服サイト