飲酒はほどほどに

「もしかして...?」を放っておかない勃起不全ガイド

私が勃起しにくくなった原因と考えられる「飲みすぎ」。
しかし、酒を飲むこと自体を悪者と言い切る事はできません。酒好きの言い訳に聞こえるかもしれませんが、酒は適量であれば「百薬の長」と言われるように、身体に良いだけでなく日々のストレス解消にも繋がるからです。

問題なのは、浴びるほど飲んでいる場合です。これは、血圧上昇や動脈硬化促進といった生活習慣病に結びつくだけでなく、このサイトの主題であるEDにも直結します。

飲んだあと勃たなくなるのはなぜ?

アルコールは中枢神経系を抑制するように働きます。これは、酒が気持ちをリラックスさせてくれるため。しかし、中枢神経のマヒ=勃起中枢もマヒしてしまうので、大量に飲むと勃起の機能が妨げられてしまうというデメリットがあります。飲んだあとに勃たないことがあるのはこのためです。

さらに問題なのが、深酒によって肝機能障害になってしまうと、バイアグラやレビトラのようなED治療薬を服用できなくなってしまう点です。これら治療薬は、肝臓で代謝されることで効用を発揮します。つまり、肝臓の機能が低下している場合は、代謝出来ないため、効果が現れないということに繋がります。

お酒を止めるというのは非常に困難だということは私にも痛いほどわかります。しかし、下半身に悩みを抱えている場合は、その改善に向けた第一歩として飲酒量を抑えるべきでしょう。

専門クリニックで診てもらうならココ>>

良くも悪くもセックスに影響を与える酒のチカラ

上記のように、飲酒と勃起には関連性があります。
とはいえ、酒がセックスに良い影響を与えることは、みなさんも経験でご存知でしょう。これを上手く利用すれば、男女ともに嬉しい結果に導いてくれるのです!

たとえば、男性の場合は早漏防止、女性の場合は胸の感度上昇と言ったように、酒がセックスの媚薬となることは間違いありません。

問題は飲む量。適量であれば有益であるはずの酒が、飲みすぎることによってマイナス要因に変わってしまいます。

まず、勃起中枢のマヒにより勃起しにくくなります。この状態が続く事によってプレッシャーを感じ、全く起たないなんて事態もあり得ます。さらに辛い事に、飲酒量が多かったがために快感を司る神経もマヒしてしまい、イク事ができなくなる恐れもあるそうです。

勃起障害あるなしに関わらず、酒の量と飲み方には細心の注意を図る必要があるようですね。

健全な性生活のための適量は

では、どの程度の飲酒量が適量と言えるのでしょうか。

実は、動物実験では体重1kgあたり0.5ccのアルコール量がもっともセックスに良い影響を与えることがわかっています。人間の場合、体重60kgの男性なら、ビール1本程度、日本酒なら1合程度が適量となります。それ以上となると悪影響を及ぼしてしまいます。

私のように酒好きな人間にとっては少し物足りない量ではありますが、健全なる性生活のためなら我慢しようじゃありませんか。それでも改善が見られないというときは、バイアグラなどED治療薬に頼ってみてはいかがでしょうか?(ED治療薬は必ず専門クリニックで処方してもらってください。間違えても個人輸入なんてバカな真似はしないように…)

ただし、治療薬の飲み始めは念のため酒は控えたほうがよいでしょう。慣れてきて、お酒もセックスも両方楽しめるようになったら解禁です。そのときはくれぐれも適量を守って下さい。

気軽にED治療薬を処方してもらえる医療機関のリスト>>

原因から治療法まで 正しいED克服サイト